「紫外線を沢山うける暑い夏にぴったり!!!プラチナパウダー」

身体の中には、老化や肌トラブルの原因になる活性酸素が存在します。
活性酸素は紫外線、車の排気ガス、ストレスやタバコにより体内で必要以上に発生してしまいます。
また、呼吸をするだけでも吸い込んだ酸素の2〜3%が活性酸素になると言われており、 増えすぎた活性酸素はシワや老化、生活習慣病などを引き起こす可能性が高まると言われています。
更に、活性酸素が脂質と結びつくと「肌トラブル」「体臭」「汗臭」などに繋がります。 そこで、増えすぎた活性酸素を無毒化してくれるのが「プラチナパウダー」。
1日1包〜3包を水に溶かして飲むだけで、26時間も効果を持続してくれます。
水の他にも、ジュースやアルコール類に溶かしてお飲みいただけます。
特にオススメなのは、グレープフルーツジュースやアセロラジュースなどの柑橘系のジュースがとても飲みやすいです。
このプラチナパウダーの抗酸化作用の力は、なんと!トマトの29,000倍、ニンジンの58,000倍と言われていて、強い紫外線を浴びてしまう今の時期にはぴったりです。
実際にスタッフも飲んでいて、約1週間〜10日で目覚めの良さや疲労回復を実感、 約3カ月で肌にツヤやハリを実感したスタッフもいます。

プラチナパウダー 30包 ¥3,132(税込)

「歯茎はどうして黒ずむの?」

歯茎の色でお悩みの方も多いのではないでしょうか?
どうして歯茎の色が悪くなってしまうのか、そして美しい歯茎の状態とは?

実は、歯茎の色には血流が大きく関係しています。
もちろん歯周病やタバコなどの影響もありますが、冷え性や体調不良などで血行が悪い時に歯茎の色も変わってしまうことがあるのです。
お口の中だけでなく体の健康にも注意し、キレイな歯茎を目指しましょう。

さて、それでは歯茎の血流はどうすれば良くなるかご存知ですか?
答えは「歯茎マッサージ」です。

足の裏のように、お口の中にはツボが沢山あり、体のあらゆる神経と繋がっています。
血液、リンパの流れが活性化して歯肉の色が良くなるだけではなく、
他にも「唾液がよく出て、自浄作用や免疫力が上がる」
「顔や顎の筋肉のコリが軽減し、噛み合わせが改善」
などの効果を実感していただいてる患者さんも多くいらっしゃいます。
専用のジェルを使い、衛生士によるオールハンドのマッサージです。
マッサージの最後にはホットタオルを使い、とても気持ち良いのでリラックス効果もあります。

ただし、金属の被せ物が入っている方は、歯茎が黒ずむ原因が血流とは違う場合があります。 気になる方は、ご相談下さい。

10分〜15分程で受けられる歯茎マッサージ、実は男性の患者さんに好評です。
ちょっとした空き時間や治療終わりにぜひ受けてみてはいかがでしょうか。

「うがい習慣で、若々しい顔に」

私たちのお口の中には沢山の細菌が棲みついていて、その中には虫歯や歯周病の原因となるばい菌も潜んでいます。それらのばい菌が全身に運ばれると、多くの病気の一因になります。
そこで簡単で効果的なのが「うがい」です。
うがいは、お口の中のばい菌やそのエサとなる食べかすを勢いよく洗い流す効果があります。
また、うがいで頬の筋肉が鍛えられてほうれい線ができるのを防いだり、 口角を上げることで美容効果にも期待ができます。
他にも、口周りの筋肉が鍛えられ、口を閉じて鼻呼吸ができるようになると、 風邪の予防にもなり、さらにお口の中の乾燥による口臭も防ぎ、噛む力も上がります。
お水でのうがいでも十分ですが、うがい薬や洗口剤を使用すると、よりお口の中の清潔が保てます。また、歯科医院に来ていただければ虫歯や歯周病の予防などお口に合ったうがい薬を御用意してますので、気になる方は是非ご相談ください。

食後や夜寝る前など、1日3回以上のうがいで、健康でキレイなお口周りを目指しましょう!

気になることがございましたら、定期検診の際などにお気軽にご相談下さい。

「花粉症とお口の中の意外な関係。」

今の季節、花粉症で毎日つらい方も多いのではないでしょうか。
今日は花粉症とお口の中には意外な関係についてのお話です。

花粉症の主な症状の一つ、鼻水・鼻づまりがありますが、ひどくなると鼻から息が出来ないという人も多いのではないでしょうか?
実はこの症状こそが、歯周病や虫歯を招く原因の一つとなることもあります。
鼻での呼吸が息苦しく、口呼吸ばかりになると口の中の水分が蒸発してカラカラに乾いてしまい、口内にいる菌が繁殖しやすい状況をつくってしまいます。
そしてその状態が続くと歯の周りに歯垢(プラーク)がつきやすくなり歯周病や虫歯のリスクが高まるということです。
そのため花粉症の方は、お口の中のケアと乾燥予防をしっかりと行い、特に症状が重い人はこまめに水分補給をして、お口の中を潤った状態にしましょう。

花粉症の患者様にとって歯の治療は辛いものだと思いますが、治療中に鼻が詰まって辛かったり、くしゃみが出そうな時は、遠慮せず手を上げて合図して下さいね。

「着色を防いで白い歯に」

皆さんは日常生活の中で、歯の表面に着色が付きやすくて悩まれた事はありませんか? このように、着色のつきやすい方、つきやすい食べ物や飲み物が分かることで着色を未然に防ぐことが出来る可能性があります。
今回はそんなお悩みを集めたQ&Aをお届けします。

Q,どういう人が歯に色が付きやすいの?

A,歯の表面に凸凹が多い人や、唾液の少ない人は付きやすい傾向があります。
歯の表面に凸凹が多い人はその部分に着色や汚れが付きやすく、唾液の少ない人は、汚れが流れにくいので歯に色が付きやすいです。また、口呼吸の人は、口の中が乾燥し易い為、唾液の少ない人と同様に歯が黄色くなり易いです。

Q,どうして歯に色がつくの?
A,食べ物や飲み物またはタバコが原因かもしれません。
歯は普段の食べ物や飲み物の着色成分で、色が変化します。代表的なものは、コーヒーや赤ワインなどの色の濃いものです。

Q,歯に色がつくのを防ぐには?
A,色の濃い食べ物を食べた後は、水でうがいする事をオススメします。
また、歯磨き剤の種類も考え直してみましょう。

毎日のホームケアと、3ヶ月〜6ヶ月に一度の歯科医院でのクリーニングで、着色を防ぎ汚れの無いキレイな歯を保ちましょう。

磨き方や歯磨き剤でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

Check-upシリーズ フッ素濃度が大幅アップ

チェックアップシリーズのフッ素濃度が950ppmから1450ppmに上がりました。
フッ素濃度が500ppm上がると虫歯になる確率が6%下がると言われています。

そんなチェックアップシリーズから、本日はルートケアをご紹介させて頂きます。

ルートケアは歯の根元が露出した口腔内にオススメの虫歯予防の歯磨き剤です。
普通の歯磨き剤と比べてフッ素濃度が高く、やわらかいペースト状でお口の中の隅々まで広がり、泡立ちを抑えているのでしっかりと磨けていることが実感できます。歯と歯茎に優しい低研磨剤なので、安心して使用できます。また、フッ素を長く留めるためにうがいするときはうがいの水の量を少なくして、軽く1回すすぐ程度にするのがポイントです。
そうする事で、歯の表面をコーティングして取り入れたフッ素をより長く止めてくれます。

そろそろ歯茎が下がってきたかも…と感じた方はぜひ使用してみてください。

\918(税込)

歯ブラシの汚れ、交換時期について

歯を清潔に美しく保つためにかかせない歯磨き。
でも歯ブラシの交換時期に悩んでる方は、以外と多いのではないでしょうか?
そこで今回は歯ブラシの交換時期の目安についてお話します。

毎食後、1日3回歯磨きをした場合、歯ブラシの寿命は約1ヶ月と言われています。
「2〜3ヶ月は使っていた」という方は結構多いのではないでしょうか。

たとえ1ヶ月未満でも、歯ブラシは毛先が広がったら寿命と言われています。
毛先が広がれば汚れをかきだす能力が落ちるからです。

歯ブラシをこまめに変えたほうが良いもう一つの理由は、清潔さを保つためです。
歯ブラシは雑菌がつきやすいため、同じ歯ブラシをしばらく使用していると、せっかくお口の中をきれいにしても雑菌を広げていることになってしまいます。

そこで歯ブラシを清潔に保つために防菌スプレーを使ってみてはいかがでしょうか。
歯を磨いた後、よく水洗いした歯ブラシにスプレーするだけで、持続性防菌成分により歯ブラシに増殖する菌を24時間防ぐことができます。
持ち運びもお手軽で携帯歯ブラシや電動歯ブラシ、舌ブラシにも使用していただけます。

E-tak 歯ブラシ防菌スプレー ¥1,620

女性ホルモンと歯周病について

女性は男性に比べて唾液が少なく、口の中が乾きやすいので、お口の中の環境が酸性になり悪化しやすい傾向があります。
また、歯周病は女性ホルモンとも深い関わりがある事が分かっています。
月経前に歯茎が腫れたり、口内炎ができるといった経験をされた方も多いのではないでしょうか?
お口の中にいる歯周病菌の中には、歯と歯茎の間から 少しずつ染み出してくる女性ホルモンを栄養素として繁殖する種類がある事が分かっています。
女性は「思春期」「妊娠、出産」「更年期」の時期に歯周病にかかりやすいと言われています。ライフステージで変化する女性ホルモンの分泌に連動して、お口の中の健康状態は悪化します。
お口の中に痛みや違和感を感じたり、口臭が気になり始めた方は、お気軽に歯科医、または衛生士へご相談ください。

矯正中の歯磨き

矯正装置が入ると、食べかすが残りやすく、虫歯になったり、歯肉が腫れたりしやすくなります。矯正用のブラッシング方法を覚えてお口の中の健康と美しい歯並びを作っていきましょう。

磨く場所ごとに、ハブラシの角度を変えたり歯間ブラシやタフトブラシを使用して磨き残しが無いようにしましょう。
磨き方が分からない方や、ハブラシをお求めの方は、お気軽に衛生士にお尋ね下さい。

息爽やかに口臭対策

〜口臭の原因とは?〜
口臭の原因は、口内環境が7割、消化器の状態による体質的なことが約3割と言われています。
口の中が汚れていたり、胃腸の不調、ストレスなどが原因とされています。

今からできる予防法!! 口臭が発生する原因によって、予防法は異なります。食習慣や口腔ケアの見直しなど、長期的な視点で行う対策は、健康を取り戻すきっかけにもなります。

特に臭いの原因は口内環境が7割とのことなので、ここでは口腔ケアについてお話しします。
歯と歯の間、歯と歯茎の境目に歯垢をためない為には、歯磨きだけでは不十分です。
歯ブラシで落とせるのは6割程度と言われ、歯と歯の間の汚れ落としにはフロスや歯間ブラシがオススメです。さらにはうがいも効果的です。フロスや歯間ブラシを併用して使うと8〜9割の汚れは取れますが、残りは歯科医院でクリーニングしてもらいましょう!
とはいえ、なぜ歯科医院でのクリーニングが必要なのでしょうか。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスを使用すれば、8割以上の汚れがとれるからそれで良いのでは?と考えると思いますが、その1割が重要なのです。歯と歯茎の間に溜まった汚れは、いくら頑張っても歯ブラシでは届かなかったり、フロスや歯間ブラシのサイズや使用方法が間違っていたり、実は舌の汚れによる口臭だったり…など、専門的な目線で見てケアをすることが大事だからです。

口を閉じていると口臭菌も殖えるので、よく笑い喋る事が簡単な予防に繋がります。
口臭ケアグッズも取り揃えておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

金属アレルギーについて

金属アレルギーは、腕時計や眼鏡、アクセサリーなどの金属と肌が接触することで起こる肌の赤みやかゆみです。
アクセサリーの金属が汗に溶け出し、イオン化して体内に入り込むことで起こる症状で、 同じアクセサリーでも冬は異常がなかったのに、夏になるとアレルギー反応を起こすのは汗をかきやすいからとも考えられています。

特に手元には汗腺が多い為、症状も分かりやすくアレルギーを起こしやすい。

そして体だけではなく、お口の中でも金属アレルギーは起こります。

歯の詰め物などが原因の「全身型アレルギー」と呼ばれるモノです。
詰め物に含まれる金属が唾液を介してイオン化し、全身に皮膚炎を起こします。

このように自分が金属アレルギーかどうか知るには、皮膚科などでパッチテストを受ける方法があります。金属とひとくくりでいっても、特定の金属のみにアレルギー反応を起こすこともあるので、気になる方はお近くの皮膚科で調べてもらいましょう。

骨粗鬆症の薬を飲んでいますが、歯科治療にどんな影響があるのですか?

ビスフォスフォネート製剤(BP剤)は、骨粗鬆症の治療薬として大変評価の高い薬です。 ところが、この薬を継続的に使っていると、抜歯などの傷がきっかけであごの骨が壊死するという副作用が起きることが分かっています。

抜歯の際は主治医との相談の元、休薬しなければなりません。
「BP剤飲んでいるのを知らずに歯を抜いてしまった。」というようなことがあってはいけませんので、服用している場合は必ず問診票に書き、お薬手帳をご持参下さい。 代表的なBP剤は、フォサマック、ボナロン、ボノテオ、アクトネルがあります。

また、すでにBP剤を飲んでいるかたは、毎日の歯磨きを丁寧に行い、歯のクリーニングに定期的においでください。
お口の中の細菌を減らし、きれいに保つことで虫歯や歯周病による抜歯のリスクを軽減させましょう。
これから服用するという方は、その前に歯科を受診し、抜歯などの必要な治療をあらかじめ済ませておく必要があります。

また、入れ歯によるキズも骨が壊死するきっかけになりかねません。
キズや炎症を防ぐため、入れ歯の清掃を丁寧にし、調整には定期的に通いましょう。

ビフィズス菌(乳フリー)サプリのご紹介

今、話題となっているビフィズス菌には、皆さんご存知の通り、便通改善などの整腸作用やインフルエンザ予防など、様々な健康効果があることが研究で発表されています。しかしビフィズス菌は酸や酸素に弱く、食べ物から摂取しても腸まで届かずに胃酸で死滅してしまう可能性が非常に高いのです。

そこでサプリメントの出番です。 カプセル形状なので、ビフィズス菌を酸などから保護し、生きたまま腸までしっかり届けてくれます。
ヨーグルトなどの乳製品を毎日食べることが大変な方は、サプリメントで手軽に摂取することをオススメします。

また、腸内環境が改善することで、この時期は花粉症の改善に効果が期待できると注目されています。まずは1ヶ月、お試ししてみてはいかがでしょうか。


医療機関専売サプリメント
ビフィズス菌 1日1回2カプセル \4,320

「人気ハブラシ、“テペ” 新シリーズ」

「人気ハブラシ、“テペ” 新シリーズ」 予防歯科先進国スウェーデンの国民の約8割が使用、世界60カ国で販売の 「テペ」から「セレクトシリーズ」を取り扱いはじめました。

持ち手は驚くほど厚みがあって幅があり、子供やお年寄りなど、 細い柄が持ちにくい方にも、持ちやすいように作られています。

また、持ち手とは対照的にネック部分が細く長いのと ヘッドが小さめなので奥歯まで磨きやすいのが特徴です。

スタッフから一言!!
衛生士佐藤は、「お求め易い価格なのに、使いやすい」と言っています。 価格もお手頃な為、是非「テペセレクトシリーズ」をお試し下さい。

1本\250(税込)

〜唾液のチカラをいかそう〜

歯をとりまく唾液には、様々な働きがあり、虫歯や歯周病から私たちを守ってくれています。 消化作用、潤滑作用、味覚や水分調整作用などの働きをしています。

唾液の作用とは、、
唾液は食べ物の刺激を減らしたり、溶けた歯を再生したり、虫歯菌の出す酸を中和したりして、私たちの歯を虫歯にならないように守ってくれています。

また、唾液が減ると舌や口の中の粘膜が傷つきやすくなり、口内炎が出来やすくなります。 粘膜も唾液によって保護され、殺菌されています。

今までほとんど虫歯がなかった人でも、生活習慣の変化や薬の副作用などで唾液が少なくなると急に虫歯が増えたりすることも多いのです。唾液があるとお口の中にバリアがはられ、お口のトラブル予防になります。

お口の乾燥(ドライマウス)でお悩みの方は、唾液の分泌を促す歯肉マッサージもオススメしています。
詳しくは前回の衛生士便り「ガムマッサージ」のページをご覧下さい。

糖尿病と歯周病

「ホームジェル」¥810
〜フッ素入り 虫歯予防ジェル〜

虫歯の発生や進行を予防し、お口の中を爽快にします。
大人も子供も使用でき、 味はベリー、グレープ、オレンジの3種類です。

磨いた後にうがいをしなくても平気なので、 歯磨きが苦手なお子様にもご使用できます。

糖尿病と歯周病

「定期検診の大切さ」
〜お口の中をずっと健康で保つために〜

三條歯科みなとみらい診療室では、3ヶ月〜6ヶ月に1度、定期検診をお勧めしています。
どうして定期検診が必要なのでしょうか?
虫歯や歯周病のトラブルは、毎日の正しいケアと定期検診で未然に防ぐことが出来ます。 その為、悪くならないように健康な状態を維持し、悪くなっても早期発見・早期治療に 繋げる事が大切なのです。

定期検診の目的
@虫歯予防・早期発見
A歯肉の健康維持
B全身疾患等、病気の進行遅延・改善

定期検診で行うこと
・虫歯のチェック
・歯茎のチェック
・歯石、着色の除去
・知覚過敏、義歯、インプラント周囲等の処置(必要時)
※定期検診の一回にかかる時間は約30分〜45分です。

当院の90代の患者様は、きちんと検診を行った結果、 15年間同じ入れ歯使用し続ける事ができ、お食事も問題なく元気に過ごされています。 他にも“定期検診を受けるようになってから、虫歯になりにくくなった”、 “クリーニングをするとスッキリして気持ちいい”など、 歯医者への恐怖心や抵抗感が少なくなったという患者様も多くいらっしゃいます。
あなたもこれからは、痛くなる前に定期検診を受けていきませんか?

糖尿病と歯周病

予防歯科先進国、スウェーデンうまれの歯ブラシ
「TePe」(テペ)\270

80歳で残っている歯の平均は、日本が約8本なのに対して、スウェーデンは約25本。虫歯も日本の約半分です。
そんな予防歯科先進国スウェーデンで、人口の約8割が使用しているといわれているTePeは世界60カ国で販売され、カラフルなデザインが特徴的なので目でも楽しめる歯ブラシです。

TePeの特徴
@テペのブラシヘッドは奥歯に届きやすいように先端が細くなった台形状にデザイン
Aテペ独自の特殊製法により、歯と歯肉へのあたりがやさしいラウンド加工
B人口工業に基づいてデザインされた、どんな方にも持ち易いハンドル

「見た目は大きいけど、とても使い易い」と患者様よりご好評の声をたくさんいただいています。
現在、当院の人気No.1歯ブラシ、ぜひご使用してみてはいかがでしょうか。

糖尿病と歯周病

「歯周病と糖尿病」

近年、歯科医院で歯周病治療を行う糖尿病患者が増えているのをご存知でしょうか。

まず糖尿病で高血糖状態が続くと、全身の血管がもろくなります。
それは、歯茎の毛細血管にも至り、歯周病の炎症を悪化させます。

一方、糖尿病は免疫力(体に備わる病気と闘う力)の低下を招き、歯周病の増殖を抑えられなくなります。そのため、歯周病は糖尿病の合併症のひとつに位置付けられているのです。

また歯周病は、歯茎が炎症を起こす初期段階「歯肉炎」と、歯を支える土台の骨が溶け出す「歯周炎」という二つの病気の総称です。
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に溜まったプラーク(歯垢)には、たくさんの細菌(歯周病菌)が住み着いています。
この細菌が炎症を引き起こすと「炎症性サイトカイン」という物質が生み出されます。
炎症性サイトカインは、血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンの働きを妨げる作用があるとされています。

つまりインスリンの働きを妨げないために、少なからず歯周病治療が必要となります。事実、歯周病治療を得意とする有名なドクターも、歯周病治療によってヘモグロビンの数値が減少したという症例をあげています。

皆様、全身的な疾患の改善にも歯科医院を役立ててみてはいかがでしょうか。
また、当院では衛生士のよるブラッシング指導も行っていますので、お気軽にご相談ください。

舌磨きしてますか?
口臭の原因の約90%が舌苔(ぜったい)によるものです。

舌の表面には舌乳頭と呼ばれる無数の突起があるため、 舌苔(ぜったい)と呼ばれる白っぽい汚れがたまりやすく、 この舌苔が「口臭」や「味覚障害」などの原因になるとされています。

では、舌苔はどのような原因で溜まるのでしょうか。
・口呼吸や全身的な疾患、さらにはストレスによる口腔内の乾燥
・お薬のよる口腔内細菌の種類の変化
・舌位が低く、舌の動きが悪い(食べかすが残ってしまう)

そこで当院では舌みがき用ブラシと、専用のペーストをオススメしています。

ジーシー舌フレッシュ \842
ジーシーブレスバランスペースト \1,028

いつものお口のお手入れにプラスして、舌磨きを取り入れましょう。
Dr.柏木がオススメする「プロデンティス」のご紹介です。

[プロデンティス]

〜お口の中の環境を整えるバクテリアセラピー〜
こちらは歯科医専用 薬用歯みがき剤です。
私たちの口の中には耳かき一杯分の唾液の中に数億個の細菌が生息しており、その中には有害な細菌も数多く含まれます。 虫歯や歯周病は、それらの有害な菌が引き起こす感染症です。

バクテリアセラピーとは、善玉菌を摂取することにより、お口の中の悪玉菌を減らし、健康な口腔環境に改善していきます。 悪玉菌が増えると、虫歯や歯周病だけでなく、さまざまな全身疾患を引き起こす原因になると言われています。
1日1粒舐めるだけなので、無理なく続けられる予防法としてオススメです。

こんな症状がある方にオススメ
・虫歯になりやすい
・歯周病がなかなか治らない
・歯肉炎を繰り返
・口臭が気になる
・歯垢、歯石が気になる
・お口の中がネバつく

[歯肉マッサージ]

足の裏のように、口内にもツボがたくさんあることをご存知ですか?
口内にはカラダのあらゆる神経とつながっている場所で、足ツボと同じくマッサージを
すると様々な効果が得られるのです。

*ツボの数は40以上*

歯肉には40か所以上のツボがあり、前進の至るところとネットワークをつないでいます。 歯肉をマッサージすることによって、体の様々な症状を予防改善することができるのです。

*血液・リンパの流れが活性化される*

歯肉のツボを優しく刺激すると、血液やリンパの流れが活性化され、免疫力が高まります。 また、マッサージを続けることによって歯肉も引き締まり、血行が良くなり健康なピンク色になります。 さらに、血行促進により、歯周病の予防・改善にもつながります。 歯肉マッサージは、歯の健康を保つためにも重要です。

*小顔効果も期待できる*

歯肉の反射区をマッサージすると、顔の筋肉のコリが軽減されます。
下顎のリンパの流れが良くなることで、顔にたまった老廃物が排出され、顔のむくみが解消され顎ラインがすっきりしてくるのです。 さらに顔を内側からマッサージすることによって、表情金が鍛えられ、皮膚のたるみやほうれい線の解消にもつながると言われています。

*唾液の出がよくなる*

口の中にある唾液線を刺激することで、唾液の出が良くなります。
唾液には、「消化作用」「味覚作用」「潤滑作用」「再石灰化作用」「緩衝作用」「抗菌作用」「自浄作用」「保護作用」がありますが、実はお顔を美しくするアンチエイジングパワーを持っているのです。
それは、ホルモンと大きく関係しています。唾液線の一つである耳下腺にあるパロチンと呼ばれるホルモンは、別名若返りのホルモンと言われています。
成長ホルモンの一種で、身体を若々しく作る働きを坦っていて、パロチンがたくさん出ることによって、筋肉・内臓・骨・毛髪などの発育が盛んになり、身体が若返る仕組みです。
若返りの健康食品として有名なローヤルゼリーにも似た成分が含まれています。
そしてリラックスした状態で副交感神経が働くと、サラサラした唾液が出て口臭予防にもなります。

歯科医院で行う歯肉マッサージをぜひ一度体験してみてください。
10分〜15分 1100円

口唇ケア「リップエステ」

当医院では、プラセンタ美容液を特殊な器械を使って唇の真皮の部分へ入れ込みます。
*プラセンタの効果*
・組織修復作用
・抵抗力を高める
・抗アレルギー作用
・抗炎症作用
・新陳代謝の促進
・活性酸素を除去
・水分保持力のアップ→弾力アップ  などの作用があります。
乾燥が気になるこの季節に、お肌と一緒に唇のケアもしませんか?
口元が乾燥しやすい方、唇の荒れが気になる方に特におすすめです。
唇に集中したエステで血色の良い弾力のある唇になります。
一回10分〜15分 1100円

[「なぜ歯医者でサプリ?」
〜お口の中の体と健康は深くかかわっている〜]

お口の中の状態が全身の健康に関わっていることをみなさんはご存知でしょうか?
例えば「糖尿病」。歯周病と糖尿病は合併症なのです。歯周病になるとインスリンが効きにくくなり、糖尿病を悪化させてしまうのです。歯周病治療をすると、血糖コントロールが改善することが分かっています。そして「動脈硬化」。歯周病菌が歯肉から血管に入り、血管内壁に感染すると、歯周病菌が産生する内毒素やその刺激で産生される炎症性サイトカインが原因となって血栓を作り、動脈硬化を進化させる可能性があるのです。このほかにも「心臓病」「誤嚥性肺炎」「骨粗鬆症」「早産・低体重出産」など、実は様々な病気と深く関わりがあるのです。

では、なぜ歯医者でサプリメントが必要なのでしょうか?

専用の機械を使った歯のクリーニングにプラスして、骨や歯ぐきを丈夫にするサプリメントを摂取することで、歯周病や虫歯を防ぐことはもちろん、歯医者は虫歯を治すだけではなく、あなたの全身の健康を維持することに役立ててほしいのです。
そんな思いから、私たちはサプリメントをみなさんにおすすめしているのです。

さて、このおはなしはお役に立てましたでしょうか?

市販されているサプリメントとの違いは?原材料は安全なの?飲み方がわからない…など気になることがございましたら、お気軽にお声がけ下さい。

皆さん、ご存知でしたか?
虫歯・歯周病にかかりにくくするには「予防」がとても重要になります!
そこで私たち衛生士が提案させていただきたいのが“大人のためのフッ素PMTC”です。
PMTCってなんだろう?とご興味ある方は、是非当院までお問い合わせください!!
スタッフ一同、心よりお待ち申しております。

まずは虫歯の有無をチェックして下さい。

むし歯予防のために、ご自身にあったブラッシング方法・歯ブラシ・歯磨き剤を口の中の状態によって、より良いものをご紹介します。

まずはご相談下さい。



□ 1.冷たいものがしみる
□ 2.歯に穴があいている
□ 3.甘いものをよく食べる
□ 4.間食をよくする
□ 5.どちらかと言うと鼻よりも口で呼吸している
□ 6.つめもの・かぶせものが多い
□ 7.歯並びが悪い
□ 8.あまり歯を磨かない
□ 9.よく食べ物が歯にはさまる
□ 10.痛くならないと歯医者にいかない

※どれか1つでも当てはまったら病院へご相談をお勧めいたします。

むし歯とは、口の中の細菌が糖(磨き残しの食べ物など)を利用して酸をつくり、その酸によって歯が溶かされる病です。

・歯の再灰化を促進
・フッ素により歯を強化する
・虫歯菌が酸を作るのを抑制


歯周病進行度の診断をし、ご自身にあったブラッシング方法・歯ブラシ・歯磨き剤を歯や歯ぐきの状態によって、より良いものをご紹介します。

まずはご相談下さい。

□ 1.歯磨き時、出血する
□ 2.歯ぐきが赤く腫れている
□ 3.歯石がたまっている
□ 4.口臭がある
□ 5.歯がグラグラしている
□ 6.歯ぐきが下がっている
□ 7.冷たい飲み物で歯がしみる
□ 8.歯と歯の間に食べ物がはさまる
□ 9.歯ぐきから膿が出ることがある
□ 10.喫煙をする

※どれか1つでも当てはまったら病院へご相談をお勧めいたします。

歯周病とは、歯周病菌により歯を支えている骨が減り、最後には脱落する病です。磨き残しによる歯垢・歯石の付着が歯周病進行の原因のひとつです。


当医院では、歯科医療のエビデンスに基づいたマッサージを行っております。
歯科医師と国家資格を持った専門のマッサージ師によるカウンセリング後、患者様に合わせた施術を行ってまいります。



顎関節やかみ合わせで悩んでる方が多いのですが、お口の中からだけでなく、歯科医療のエビデンスに基づき、国家資格を持った専門のマッサージ師によるアプローチ方法も当医院では取り入れています。
患者様からは、顎や肩が楽になったというお声を頂いています。どうぞお気軽にご相談ください。

藤掛元秀 先生

 鍼灸師
 あん摩マッサージ指圧師
 社会福祉士
 ホームヘルパー2級
 アロマセラピスト
 リフレクソロジスト
 フェイシャルセラピスト

ご相談・お問い合わせ ⇒ アポロ歯科 三條歯科みなとみらい診療室